本文へ移動

田代則春 経歴

田代 則春(たしろ のりはる)

昭和6年 長崎県島原市生まれ
昭和29年
 
 
中央大学法学部卒業、同年司法試験合格
検事任官。高松、奈良、大阪(特捜部)、横浜各地検を経て、
昭和48年東京地検検事(研修総括指導官)
昭和50年
 
内閣総理大臣官房参事官兼青少年対策本部参事官
法務省・法制審議会幹事
昭和54年 仙台地検次席検事
昭和56年 東京高等検察庁検事
昭和58年 法務省・法務総合研究所研修第3部長
昭和61年 3月退官。4月弁護士登録(第2東京弁護士会)
昭和62年
 
 
 
日本弁護士連合会大議員
第2東京弁護士会常議員
元ニューポート大学名誉教授
亜細亜大学・大学院講師(刑訴法・刑事学)
拓殖大学政経学部、専修大学法学部(各刑訴法・刑法)講師
昭和63年 我が国で初めて、法的データベース〈リーガルベース〉を開発・提供
昭和64年 ケンシントン大学客員教授
平成13年 叙勲(勲三等旭日中授章)
 
著 書
『若者人格論』(大蔵省印刷局)
『父と母への赤信号』(改訂版での共著・学事出版社)
『日本共産党の変遷と過激派の理論と実践』(立花書房)
『刑事訴訟法講義』(信山社)
『人間関係と生き甲斐』(信山社)
『人は何故、人を殺すのか』(文芸社)
 
論 文
『少年検察運用上の諸問題』『青少年の年令区分』その他多数
 
その他
昭和35年
 
 
奈良地検在任中少年法改正を視野に、世界主要各国での法制から見た
「青少年法の底に流れるもの」を研究(6ヵ月間)
我が国で初めて、家庭裁判所の少年審判に検事として立会
昭和42年
 
NHK総合テレビで、裁判所との間で「少年法改正の是非」が論議された際、
法務・検察代表として出演
昭和49年
 
NHK教育総合テレビで、笑福亭鶴瓶の司会で
「18歳とはどのような年令か」の放映の折、赤井英和と学識経験者として出演
昭和52年
 
青少年問題の視察。世界10ヵ国を歴訪。
各国青少年問題関係者と実情・対策等について意見交換・協議
平成13年 叙勲の折、財務省・法務省を代表して、陛下にお礼言上
 
 他に検事在官中、「LPGタクシー汚職事件、連座制を適用した中山派の選挙違反事件(大阪)、現職警察官による免許証汚職事件(横浜)、厚木基地爆破未遂事件(横浜)、外務省秘密漏洩事件(東京)」その他多くの汚職事件に関与。
 
〈補記〉
平成22年5月 紺綬褒章(内閣総理大臣 鳩山 由紀夫)
平成22年9月 紺綬褒章(内閣総理大臣 菅 直人)
平成24年11月 紺綬褒章(内閣総理大臣 野田 佳彦)
平成23年11月 胸像建立 作者 山崎和國(所在地 南島原市福祉事務所玄関前)
 
TOPへ戻る